特定商取引に関する法律に基づく表記

2020-01-08

シャトー・ド・ヴァランドロー [1995]750mlパーカーポイント95

この華麗なヴァランドローは、当主ジャン=リュック・テュヌヴァンが生産した最上級に位置するワインである。光を通さない紫色をしており、センセーショナルなノーズはローストしたハーブ、黒系果実(チェリー、カラント、ブラックベリー)、高級な香ばしいオークを思わせる(このオークの要素はむしろニュアンスというべきもので、主体となる特徴ではない)。非常に凝縮感があり、何層もの果実味、グリセリン、エキス分が感じられるが、継ぎ目のない体躯をしている。中身は偉大で、これまで生産された最上のヴァランドローであるようだ。フィニッシュは30秒以上も持ちこたえる。タンニンは強いが、辛うじて気になるほどでしかないのはブドウの完熟感や果実味の芳醇さのおかげだ。予想される飲 み頃:現在〜2020年。最終試飲年月:2002年3月




カテゴリトップ>フランス>ボルドー>サン・テミリオン>ヴァランドロー
Ch.Valandraud / ヴァランドロー

サン・テミリオンのちっぽけなガレージシャトーだったのが、今では特級のトップシャトーと肩を並べるほどの最高級ワインを造り上げるまでに。シンデレラワインの代表格。

執念深く生真面目、極めて有能な所有者のジャン=リュック・テュヌヴァンは、ここに来て、彼の清澄(せいちよう)・濾過(ろか)処理をしない際立って豊かなヴァランドローが獲得している評判と価格に、チェシャー猫のようなにやにや笑いを浮かべている。テュヌヴァンは奥さんのミュリエールとともに、サン=テミリオンの厳選した区域に、ちっぽけなシャトーを設立した。サン=テミリオンでワイン・ショップとレストランを経営した経験を持ち、ワインの売買にも関わってきたことは、テュヌヴァンの偉大なワインづくりのための哲学を、いささかも損なうことはなかった。

ヴァランドローがどのくらいよく熟成するか、一般の評価はもちろんまだだが、ワインは途方もなく豊かで凝縮し、すばらしくくっきりした輪郭がある。1992年や1993年、1994年といった難しいヴィンテージですら、並外れた出来だった。ほかのサン=テミリオンのシャトーのどこにも増して、ヴァランドローは金持ちのワイン・コレクターが世界中を探しまわる、稀(まれ)にみる宝物となった。
講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』

価格
88,000円 (税込95,040 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
16時まで即日出荷OK(日曜/店休業日を除く)
残りあと1個です
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く